スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

【レビュー?】デザインから見るゲーム 「デザゲー」【いいえ、もどきです】

1つめを4/1にすればそこで止まっても「あれはエイプリルフールのネタだよ」って言えると聞いて。

初めてブログに足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます。
そうでない方はお久しぶりです。蜂飼 葉弧(はち かいようこ:以降、蜂飼)です。


唐突に始まる好きな作品の何が好きかを偉そうに語ってみるだけの「レビューもどき」シリーズ。
第1回はサークル「葵屋」さん発行の『デザインから見るゲーム 「デザゲー」』の紹介をしていきます。
サイト様はこちら→http://aoiyasan.tumblr.com/

爐燭斥靴屬世韻犬磴覆ぁ▲押璽爐両し変わった見方や楽しみ方 そんなヒントや提案をあなたへ

という訳で早速ですがサンプルの置かれているページを貼っておきますので、こちらを見ながらつたない感想を読んでいただければと思います。


というか、女の子の表紙は非常にあざといポーズと表情でけしからん可愛いんですけど、中の誌面が全体的にかっこいいですよね。
見出しとか、中表紙もちゃんと作ってあって。

詳しく書く前にぶっちゃけておくと、僕、デジタルのゲームにあんまり慣れていない人間です。
仕事にしている(はず)のアナログゲームもここ数年でちまちまやっている程度。

そんなゲーム初心者でも、この本は読み応えがあります

どう読みごたえがあるか? 順番に書いていきますね。

まず、この本は「ゲーム」というジャンルをあらゆるところから「考察」した記事がいろいろ載っています。

携帯ゲーム機本体の特集が組まれていたり。

海外のデジタルゲームショップをのぞいてみたり。

その号のテーマに合わせたアナログゲームのレビューが掲載されていたり。
※非常に余談ですが、レビュー内に記載する情報で「ゲームデザイナー」を紹介するアナログゲーム記事の多い中、
「発売メーカー」を真っ先に紹介しているところに筆者はデジタルゲーム出身なんだろうという印象を持ちました。


巻によってさまざまなコーナーがあるのですが、その中でも、僕が一番お勧めしたいのは。
「何気なく置かれているゲームのチラシを眺めてみよう」のコーナーです!
僕、半年くらい前の仕事でチラシを作る作業があって、「チラシって何書けばいいんじゃコラー」となったときにこの本と出会ったという経歴があるのでこのコーナ本当に好きなんですけどね。……僕のことはさておき紹介しますね。

ゲームショップ行ったり、ゲームのイベントに行ったりするとよくチラシが置かれてたり配られてたりしますね?
僕はそんなに興味が無くてくしゃくしゃぽーいなんですが(※悪意はないですごめんなさい)、このコーナーではそんなチラシ達を紹介しています。

各企業様がたの「魅せ方」にもいろいろ種類があるんだな、とこの記事を見て改めて思いました。
紙のサイズとか、開いた時どう見えるかとか、アナログ的な方法をデジタルの企業さんが考えているのかー、と。
最近のデジタルゲーム業界って、結構説明書とかもデジタルだったりしてちょっぴりさみしかったりするのですが、こういうアナログもまだまだ残っているのは嬉しいですね。
携帯ゲーム機からPCゲームまで一言に「デジタルゲーム」と呼ばれているものでも、ゲームによって宣伝方法は違うのですが(ネット広告、テレビCM、イベント試遊、とか?)チラシに特化して紹介しているものは本当に少ないのではないでしょうかね。


そんな訳で、『デザインから見るゲーム 「デザゲー」』よろしければ、皆様の本棚に加えてみてはいかがでしょうか。
という感じで、今回は〆させていただきます。

それでは!
続きを読む >>
| レビューもどき | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--