スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< お仕事のお知らせ。 | main | egg porchというイベントに行ってきたんですって。 >>

\ナントイウコトデショウ!/

※タイトルはあれですが僕は真面目です。
初めてブログに足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます。
そうでない方はいつもありがとうございます。蜂飼葉弧(はちかいようこ:以降、蜂飼)です。 

さて。お仕事のお知らせですよ……。
http://r-r.arclight.co.jp/backnumber/2612
Role&Roll138号の特集原稿を書かせていただきました! ウワーイパチパチ

8ページです! 僕が書いた原稿をRole&Roll編集部さまに全面的に監修・修正していただいた形になります。僕じゃ把握し切れてないシステムの内容とか、レイアウトとか、細かい文章補足はもう全部お任せしています。
僕がRole&Roll編集部所属になったとか、そういうことではないです。冗談でも怒られる。
微妙に語彙力の足りない文章を素敵な文章に再構成して頂いたRole&Roll編集部の皆様にこの場ですが改めて深くお礼申し上げます。
どれくらい素敵になったかと言うと、完成稿が来た瞬間僕の脳内ではビフォーアフターのBGMが流れていました。
\ナントイウコトデショウ‥…!/

さて、記事の紹介部分にはこんなことが。

(紹介ページより)
>「テーブルトークRPGを遊んでみたい!」とは思ってみたものの「なんか怖くて一歩が踏み出せない……」「友達を誘いたいんだけど、うまく説明できない……」
>――そんな「テーブルトークRPGはじめて」のあなたに贈るガイドを特集で掲載!
>ウタカゼ・ゼミではじめてテーブルトークRPGに触れ、あれよあれよとイベント等でゲームマスターを務めるまでになった著者の実体験に基づいた内容です!

なんか知らないところで僕がえらい持ち上げられてる。怖い。あと僕初めてTRPGに触れたのは厳密には中学生の時だったりするんだけどいいのかな。あれ商業のじゃないけど。確かに商業TRPGに触れたのはウタカゼゼミきっかけだからいいか。いいのか……?
打ち合わせの時に「えっ何でこんな持ち上げるんですか恥ずかしい」と言ったら「何言ってるんですか!こういうことはちゃんとアピールしないと!」と逆に言われました……そっかぁこれ長所かぁ……。
リアルで褒められられてない人間を褒めた上で持ち上げると挙動不審になるぞ! 今の僕がいい例だ!

ところで僕ここ1年以上全くウタカゼの活動してないけどウタカゼゼミって言っていいんだろうか。
僕本人ですら最近言わなくなってきたというのに。


すみません話がずれました。


記事内容は「TRPGとは」という所から始まりまして。
システムの紹介、必要な道具やGMやPLに向けたアドバイス……等がみっちり詰まっております。細かい一文とかにも気を配って書いてあります。
「みっちり」というのがどれぐらい詰まっているかといいますと、1ページごとに違う内容が書かれています。本来なら2ページ欲しいところも1ページに削りました。
見やすさを重視した記事となっていますので、文章みっちりで読みにくい……。と言うことはないはずです。たぶん。

ただ、別に「この記事を読まないとTRPGができない」とかそんな事はありません。
この記事ではいろいろ書きましたが、この記事でハードルの高さを感じる必要もまったくございません。

「最低限こうしてるといいんじゃないかな」「こういう道具を用意するとスムーズにできるよ」という、攻略本のような物です。
なくてもゲームに支障をきたすものではありません。
あると、ほんのちょこっと便利になるよ、という。
そういう感じのものを目指しました。
僕は。

あと実体験がちょっと多めです。「このあたりとか、実話ですよね(笑)」と編集さんには一発でバレました。
えぇはいボスの強さの調整が苦手なんですよこんちくしょう。僕の作るボスは2ターンキルされるかめっちゃ強くなるかの2択ですよふーんだ。
※そんな事ないのもあります。ちょっとだけ。

イラストも素敵なものが沢山並びました。
逢魔刻壱さま、神無せつなさま、夕霧さまにそれぞれ編集部の方が依頼していただいているのですが。
「どうですか?」ってラフを見せて頂いた時に「すごく素敵だと思います」としかコメントしなかったあたりに僕の語彙力の無さがバレるね☆

ただ本当に素敵だったんです。ラフを見せてもらった瞬間、僕の脳内ではビフォーアフターのBGMが流れていました。
\ナントイウコトデショウ‥…! あのイラスト指定からは、想像がつかないほどの素敵な仕上がり/
※編集部の方が修正加えた上で依頼しているからこそこんな呑気な感想が書けるのであって、良い子はマネしないでください。絶対に。

でも僕もラフから先見てないイラストがあるから早く見たい!
地元に並ぶのまだかなーまだかなー(_'ω')_
※自分の名前が出た雑誌は一冊は自分用として買って、後もし見本誌が来たら実家用のプレゼン用として使うので必要。

と言うことでね、その他にも色々すごい細かいこだわりとか、頑張って詰め込んだので。
宜しければお手に取っていただけると大変うれしいです。

あと感想が欲しいです(小声)。




--------------- 

さて。ライターとしてデビューしたときに頭の中で考えてた、
「何でもいいから本の表紙に名前を出す」
「ウタカゼ以外で原稿を書いて誌面で発表する」
がこれでどっちも達成されました。パチパチ

これからどうしましょうね。
ライターとしてやりたいことも割とやりきった感あるんですよね。

何かする意欲はあるのでご興味のある方は連絡ください。
プロフィールページから連絡先出してあります。
公式イベントからユーザー様のイベントまでGMやらイベントスタッフやらボードゲームのインストやらゲームのレビューやら、とにかくなんでもしております。

これまでの積み重ねの結果、「こいつに記事書かせても宣伝効果がある」というところからの原稿執筆につながっている一面があるので、やっぱり仕事は続けたいですね。

もしかしたらね、業界で僕しかできないこととか、あるかもしれないじゃないですか。
やっぱり、そういうこといろいろ考えたいじゃん?(※どうした)

未来はまったくの白紙ですけどこれからも何かはしますので応援よろしくお願いします。

蜂飼でした。
| おしごと | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 19:50 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://leafarc.jugem.jp/trackback/45

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--